セミナー「機械・構造物の経年劣化とその対策および余寿命評価」のお知らせ

【タイトル】
機械・構造物の経年劣化とその対策および余寿命評価
〜 金属材料の選定と調達トラブル防止、経年劣化による事故防止を考慮した構造設計・組立の考え方、寿命予測 〜

【講師の言葉】
 国際競争の激化によるすべての製造業におけるコストダウン、生産活動のグローバル化(海外生産など)が進んでいる。一方、設備、機器は長期の安全な運転が求められ、設計、製造、運転および保全における一貫したトラブル対策が必要である。これらのトラブルは、構造物を構成する材料に関わるものが多く、材料に関する知見が、各プロセスにおいて正しく反映されることが重要である。
 構造物の主構成材料である金属材料では、長い歴史の中で構造物の破損原因となる材料の損傷機構はほとんど解明され、予知予防技術も進歩してきた。
 本講義は、蓄積された構造材料に関する知見、経験および研究成果への理解を深め、新しい問題に適切に対処するのに必要な各種手法を習得してもらうことを目的としている。

【セミナー詳細】
開催日時  2016年12月13日(火) 10:30 ~ 17:30

開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室

受講対象者
・機械・構造物の設計、加工組立、検査、保全などに携わる技術者の方
・機械、機器、設備における生産技術、金属材料調達に携わる方

修得知識
・機器・構造物に懸念される経年劣化機構(疲労、腐食、クリープ、摩耗、エロージョン、材質劣化)
・経年劣化による機器・構造物の寿命の予測
・経年劣化による事故防止を考慮した設計、組立の考え方
・金属材料の海外調達の問題点、対処方法
・各種材料データベース

【詳細及び申込方法】
セミナー詳細及びお申込みは下記URLのページをご覧下さい。
 URL:http://www.j-techno.co.jp/seminar/ID57ISDI1L5/