《セミナー『構造物・材料の劣化・防止技術と損傷事例から学ぶ対策の実際』のお知らせ》

来る6月3日(月)、当社社長・木原重光、当社コンサルタント・梅村文夫が講師を務めるセミナー『構造物・材料の劣化・防止技術と損傷事例から学ぶ対策の実際』が開催されます。
奮ってご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

日 時:平成25年6月3日(月)
時 間:10:00〜16:00
会 場:産業科学システムズ会議室(東京都千代田区富士見1-5-1)

テーマ:構造物・材料の劣化・防止技術と損傷事例から学ぶ対策の実際
内 容:
 Ⅰ.構造物の劣化と損傷防止対策(基礎コース)
  1.壊れないように製造したものがどうして壊れるのか
   1.1 設計、製造における破損因子
   1.2 経年損傷機構
   1.3 経年損傷スクリーニング方法
  2.損傷を如何に防ぐか
   2.1 寿命予測 疲労、腐食、クリープの寿命診断方法
   2.2 防止対策 材料選定、検査、モニタリング方法など
 Ⅱ.プラント損傷事例から学ぶ腐食防食技術の実際(事例コース)
  1.プラント損傷事例の傾向と特徴
  2.材料別プラント損傷事例の傾向と特徴
   2.1 炭素鋼一般配管の損傷事例の特徴
   2.2 ステンレス鋼の損傷事例の特徴
   2.3 チタンとチタン合金の損傷事例の特徴
   2.4 その他の材料の損傷事例の特徴

プログラム詳細、会場案内図、受講料、申込方法につきましては、詳細資料をご覧下さい。
なお、お申し込みの際、申込書に「講師紹介」とお書き添えいただきますと、受講料が割引となります。

詳細資料(PDF):http://www.matguide.com/catalog/download/seminar130603.pdf