セミナー「プラント/構造物の寿命予測 及び 劣化防止対策」開催のお知らせ

下記により標記セミナーが開催されます。多数の皆様のご参加をお願い申し上げます。
詳細及びお申し込みはPDFファイルをご参照下さい。
PDFファイル:http://www.matguide.com/catalog/download/seminar180926.pdf

【講 師】 (株)ベストマテリア 代表取締役 木原 重光
【日 時】 2018年9月26日水曜日 10:30-16:30
【会 場】 産業科学システムズ会議室(東京都千代田区富士見1-5-1)
【受講料】 1名44,000円+税(2名以上の場合、1名につき40,000円+税)

【概 要】
社会インフラを含む老朽化した構造物を安全に維持するため
に、保全関係技術の重要性が高まっている。構造物の主構成材料である金属材料では
、長い歴史の中で構造物の破損原因となる材料の損傷機構はほとんど解明され、寿命
予測技術も進歩してきた。
本セミナーは、プラント・構造物の設計、保全等に携わる技術者をはじめ、関連する
方々に、材料の劣化損傷について蓄積された経験と研究成果への理解を深め、過去の
重大損傷事例の紹介を含めて講義し、構造物の安全な維持に必要な各種手法を習得し
てもらうことを目指す。

【プログラム】

  1. 劣化損傷とは
    1) 劣化損傷機構一覧
    2) 劣化損傷機構スクリーニング
  2. 損傷機構各論
    1) 疲労
    2) 腐食
    3) クリープ
    4) 材質劣化による破損
  3. 設計、製造、運転における劣化損傷因子
  4. 寿命予測および防止対策
    1) 基本的考え方
    2) クリープ寿命評価
    3) 全面減肉寿命評価
    4) 疲労感受性評価
    5) 応力腐食割れ感受性評価
    6) リスクベースメンテナンス (RBM)
  5. 重大事例

【詳細及びお申し込み】
詳細及びお申し込みはPDFファイルをご参照下さい。
PDFファイル:http://www.matguide.com/catalog/download/seminar180926.pdf

セミナー「機械・構造物の経年劣化とその対策および余寿命評価」のお知らせ

【タイトル】
機械・構造物の経年劣化とその対策および余寿命評価
〜 金属材料の選定と調達トラブル防止、経年劣化による事故防止を考慮した構造設計・組立の考え方、寿命予測 〜

【講師の言葉】
 国際競争の激化によるすべての製造業におけるコストダウン、生産活動のグローバル化(海外生産など)が進んでいる。一方、設備、機器は長期の安全な運転が求められ、設計、製造、運転および保全における一貫したトラブル対策が必要である。これらのトラブルは、構造物を構成する材料に関わるものが多く、材料に関する知見が、各プロセスにおいて正しく反映されることが重要である。
 構造物の主構成材料である金属材料では、長い歴史の中で構造物の破損原因となる材料の損傷機構はほとんど解明され、予知予防技術も進歩してきた。
 本講義は、蓄積された構造材料に関する知見、経験および研究成果への理解を深め、新しい問題に適切に対処するのに必要な各種手法を習得してもらうことを目的としている。

【セミナー詳細】
開催日時  2016年12月13日(火) 10:30 ~ 17:30

開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室

受講対象者
・機械・構造物の設計、加工組立、検査、保全などに携わる技術者の方
・機械、機器、設備における生産技術、金属材料調達に携わる方

修得知識
・機器・構造物に懸念される経年劣化機構(疲労、腐食、クリープ、摩耗、エロージョン、材質劣化)
・経年劣化による機器・構造物の寿命の予測
・経年劣化による事故防止を考慮した設計、組立の考え方
・金属材料の海外調達の問題点、対処方法
・各種材料データベース

【詳細及び申込方法】
セミナー詳細及びお申込みは下記URLのページをご覧下さい。
 URL:http://www.j-techno.co.jp/seminar/ID57ISDI1L5/

セミナー「金属材料の劣化原因と対策・寿命予測方法」のご案内

セミナー「金属材料の劣化原因と対策・寿命予測方法」のご案内

 下記により上記セミナーが開催されます。多数の皆様のご参加をお願い申し上げます。

【講 師】 (株)ベストマテリア 代表取締役 木原 重光 先生
【日 時】 2016年3月18日金曜日 10:30-16:30
【会 場】 [東京・大井町]きゅりあん
【受講料】 1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
      *1社2名以上同時申込の場合、1名につき35,640円
【概 要】
 設備・機器の安全運転に欠かせない保全の基礎知識として、材料の全ての損傷機構を網羅し、事例を
含めて解説する。多数の損傷機構の中から、対象とする設備・機器でどの機構が懸念されるかをスクリー
ニングする方法および損傷機構ごとの解析、余寿命評価、防止策について述べる。
 安全・安心の重要性が高まる中で、設備・機器の設計、製造、品質管理、運転および保全に関わる
技術者に向けて、基礎的知識の習得に役立てられる講義を目指します。

 ※定員に達し次第、申込を締め切らせて頂きます。お申込はお早めに。  
 ※問い合わせ先 03-5740-8755  
 ※よくあるお問合せ~Q&A~ http://www.johokiko.co.jp/qanda/

《セミナー「機械・設備における破損原因と経年損傷の防止策」のご案内》

 来る11月5日(木)、【東京】日本テクノセンター研修室において標記のセミナーが開催されます。講師は株式会社ベストマテリア社長・木原重光です。

=講師の言葉=
 我が国では、老朽化した膨大な社会・産業資産としての構造物(設備、機器)の安全な保全が不可欠である。一方、国際競争の激化によるすべての製造業におけるコストダウン、生産活動のグローバル化(海外調達)の要求は高まるばかりである。これらに対して材料技術者の果たす役割は重要である。構造物の主構成材料である金属材料では、長い歴史の中で構造物の破損原因となる材料の損傷機構はほとんど解明され、予知予防技術も進歩してきた。
 本講義は、技術者の世代交代が進む中で、これからの材料技術者に、これまでにシニア技術者によって蓄積された知見、経験と研究成果への理解を深め、新しい問題に適切に対処するのに必要な各種手法を習得してもらうことを目的としている。

《当サイトをリニューアルしました》

当社が運営している材料技術情報サイト「MatGuide」をリニューアルしました。今回のリニューアルでは、トップページの更新、PMTC(Plant Management Technology Center、プラント管理技術センター)の開設が主です。
現在、PMTCは特別会員のみに公開していますが、そこに含まれる「損傷機構解説集」及び「損傷事例データベース」は、それぞれCD版の「損傷機構解説集」及び「プラント材料損傷事例集」と同様の内容です。
CD版の概要、購入方法は右カラムのカタログ集をご覧下さい。

《特別講演会「長周期地震動にも対応できる鋼材制振ダンパー」開催のお知らせ》

来る8月20日(木)に下記の通り、特別講演会「長周期地震動にも対応できる
鋼材制振ダンパー」が開催されます。
ご講演者の澤口氏と櫛部氏は、それぞれ材料工学、機械工学の専門家として、共同
で新合金の開発とそれを用いた制振ダンパーの実用化に取り組んでいらっしゃいま
す。本講演では、お二方の様々なご経験に基づいて、基礎から具体的な事例紹介まで
お話をしていただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

《セミナー『金属材料の海外調達におけるトラブル対策』のご案内》

来る2015年8月6日(木)、セミナー「金属材料の海外調達におけるトラブル対策」が開催されます。
グローバル化に伴い、海外調達におけるトラブルが増加しています。国内調達と海外調達の違いを比較しながら、海外調達における注意点やトラブル事例を解説し、どのように対策を取るべきかを詳しく解説します。
講師は当社社長の木原重光です。奮ってご参加下さいますよう、お願いいたします。

書籍発売のお知らせ

田村昌三 編著『化学プラントの安全を考える』(化学工業日報社)が出版されました。当社社長・木原重光が共著者となっています。
本書は、化学業界が自主的な安全活動により、化学プラントの安全を考える上での基本と保安力について解説、加えて保安力評価の方法、事故予防のための事故事例解析についても紹介しています。
詳細及び購入方法についてはPDFをご覧下さい。ニュース本文をクリックしていただきますと、PDFをダウンロードできます。

《セミナーのご案内》

来る11月21日(金) 、セミナー「機器・設備・材料の劣化損傷機構と その予知、寿命予測、防止対策」が開催されます。講師は当社社長・木原重光です。奮ってご参加下さいますよう、お願い申し上げます。
詳細は講師紹介割引申込書をご参照下さい。また、講師紹介割引申込書により申込まれますと、受講料が半額に成ります。(このニュースの文章をクリックしますと、講師紹介割引申込書をダウンロードできます。)

《セミナーのご案内》

下記のセミナーが開催されますので、奮ってご参加下さい。詳細及びお申し込みは各URLのホームページをご覧下さい。

(社)未踏科学技術協会 特別講演会(安全対策シリーズ第3回)
「米国での橋梁崩落は対岸の火事か」
~ 社会インフラとしての橋梁の老朽化と災害回避の課題 ~
URL:http://www.sntt.or.jp/allsws/index_141015.php
講 師:依田 照彦 先生(早稲田大学創造理工学部社会環境工学科 教授)
日 時:2014年 10月 15日(水)13時30分~16時40分
場 所:公益社団法人日本化学会 化学会館 6階会議室

《技術セミナー:社会インフラの長寿命化とセメント系材料》

来る8月26日(火)に下記の通り、特別講演会(安全対策シリーズ第2回)
「社会インフラの長寿命化とセメント系材料」が開催されます。

■講師:坂井 悦郎 先生
(国立大学法人東京工業大学大学院理工学研究科 材料工学専攻 教授)

■日時:2014年 8月 26 日(火)13時30分~16時40分

■場所:一般財団法人商工会館 6G会議室
東京都千代田区霞が関3-4-2 tel 03-3581-1634 fax 03-3581-3065
(地図: http://www.jade.dti.ne.jp/~shoko-on/access/index.html)

■定員:60名

■参加費:協会会員: 6,000円 協会準会員(*): 7,500円 一般: 10,000円

詳細は下記のWebサイトでご覧いただけます。
http://www.sntt.or.jp/allsws/index.php

《技術セミナー:老朽化する社会インフラと対応》

(社)未踏科学技術協会主催の特別講演会「老朽化する社会インフラと対応」が開催されます。講師の篠原氏は大気腐食の第一人者であり、今回の講演会では、大気腐食の基礎から実際の事故例まで詳細な解説が行われます。

******************************

   一般社団法人 未踏科学技術協会 特別講演会

     「老朽化する社会インフラと対応」
〜 老朽化で最も深刻な腐食を専門家が丁寧に解説する 〜

講 師:篠原 正 先生
( 独立行政法人 物質・材料研究機構 材料信頼性評価ユニット
腐食研究グループ グループリーダー)

日 時:2014年2月21日(金)13時30分〜16時30分
場 所:公益社団法人日本化学会 化学会館 6階会議室

講演の詳細や応募要領は下記のWebサイトから見ることができます。
http://www.sntt.or.jp/allsws/index_140221.php

******************************

《材料技術に関するセミナーのご案内》

来る9月19日(木)、「社会・産業インフラを構成する主要材料(金属・コンクリート・高分子)の特性と劣化損傷メカニズムおよび寿命予測への活用法」 セミナーが開催されます。
材料劣化による事故事例、強度および耐久性、耐環境性、経年劣化機構と予測方法について、金属、コンクリート、高分子の専門家が詳しく解説します。
詳細はPDFファイルをご覧下さい。

《2013年版 プラント材料損傷事例集(CD)の販売開始のお知らせ》

本事例集(CD)は、(社)化学工学会SCE・Net 装置材料研究会のプラント保全および材料の専門家が、過去に化学、発電などのプラントで発生した損傷事例を調査、収集し、原因解析を行い、将来への教訓を抽出した代表的事例を収録したものです。今回、新たに44件の事例を追加し、収録件数は計389件となりました。

《セミナー『構造物・材料の劣化・防止技術と損傷事例から学ぶ対策の実際』のお知らせ》

来る6月3日(月)、当社社長・木原重光、当社コンサルタント・梅村文夫が講師を務めるセミナー『構造物・材料の劣化・防止技術と損傷事例から学ぶ対策の実際』が開催されます。
奮ってご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

日 時:平成25年6月3日(月)
時 間:10:00〜16:00
会 場:産業科学システムズ会議室(東京都千代田区富士見1-5-1)

テーマ:構造物・材料の劣化・防止技術と損傷事例から学ぶ対策の実際
内 容:
 Ⅰ.構造物の劣化と損傷防止対策(基礎コース)
  1.壊れないように製造したものがどうして壊れるのか
   1.1 設計、製造における破損因子
   1.2 経年損傷機構
   1.3 経年損傷スクリーニング方法
  2.損傷を如何に防ぐか
   2.1 寿命予測 疲労、腐食、クリープの寿命診断方法
   2.2 防止対策 材料選定、検査、モニタリング方法など
 Ⅱ.プラント損傷事例から学ぶ腐食防食技術の実際(事例コース)
  1.プラント損傷事例の傾向と特徴
  2.材料別プラント損傷事例の傾向と特徴
   2.1 炭素鋼一般配管の損傷事例の特徴
   2.2 ステンレス鋼の損傷事例の特徴
   2.3 チタンとチタン合金の損傷事例の特徴
   2.4 その他の材料の損傷事例の特徴

プログラム詳細、会場案内図、受講料、申込方法につきましては、詳細資料をご覧下さい。
なお、お申し込みの際、申込書に「講師紹介」とお書き添えいただきますと、受講料が割引となります。

詳細資料(PDF):http://www.matguide.com/catalog/download/seminar130603.pdf

《スパーク放電+ICP分析装置セミナーのお知らせ》

来る5月16日(木)、『スパーク放電+ICP分析装置セミナー(参加費:無料)』が開催されます。
最新のスパーク放電分析装置及びICP分析装置による鉄鋼分析を中心にした技術紹介とデモンストレーションが
行われますので、是非ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

日時:平成25年5月16日(木)
時間:9:30〜16:00
場所:〈午前の部〉芝 NBFタワー 3階 アメテック株式会社 東京オフィス
   〈午後の部〉RBM 築地ビル 4階 株式会社日立ハイテクサイエンス
                   サイエンスソリューションラボ東京
   (午前の部会場から午後の部会場への異動は弊社が手配した車での異動となります。)

内容:・スパーク放電の基礎
   ・CCD & PMt ハイブリッド分光器テクノロジーの優位性
   ・SPECTROLAB 実機の紹介
    = ランチ、移動 =
   ・SPECTRO製 ICPの紹介
   ・日立ハイテク製 ICPの紹介
   ・ICP 装置 実機の紹介

プログラム、会場案内図、申込方法につきましては詳細資料(PDF)をご覧下さい。

詳細資料(PDF) :http://www.matguide.com/catalog/download/spectro-seminar130516.pdf

《セミナー「機器・設備・材料の劣化損傷メカニズムと損傷予知、寿命予測、損傷防止対策」のお知らせ》

 当社社長・木原重光が講師を務めるセミナーのお知らせです。奮ってご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

  タイトル:機器・設備・材料の劣化損傷メカニズムと損傷予知、寿命予測、
       損傷防止対策
  日時  :2013年04月05日(金) 10:30~17:20
  会場  :連合会館 (旧「総評会館」) (東京・御茶ノ水)
  講師  :(株)ベストマテリア 社長 工学博士 木原重光
       石川島播磨重工業(株)基盤技術研究所長等を経て現職
  受講料 :1名:47,250円 同時複数人数申込みの場合 1名:42,000円
  プログラム:
       1.経年的破損はどうして起きるのか
        1.1 劣化損傷をもたらす材料の特性
        1.2 劣化損傷機構(疲労、腐食、クリープ、劣化その他)
        1.3 設計、製造、運転における劣化損傷因子(構造設計、
            材料選定、調達、加工組立(鋳造、鍛造、溶接など))
       2.経年的損傷を如何に防ぐか
        2.1 劣化損傷スクリーニング方法
        2.2 寿命予測
        2.3 防止対策
        2.4 重大損傷事例の紹介
  主催  :TH企画セミナーセンター

 詳細、お申し込みは下記URLのホームページをご覧下さい。
 URL:http://www.thplan.com/13/0105/000986.html

《KEY to METALS 販売者会議に参加》

2012年10月11日〜13日、イタリア・トレヴィソに於いて、KEY to METALS 販売者会議が開催されました。当社からは、木原重光社長及び木原剛取締役が出席し、それぞれ発表を行うとともに、世界各国からの参加者との討議、交流を行いました。

<セミナー『プラント機器・設備の損傷機構と 事例および寿命予測・防止対策』のご案内>

来る7月6日(金)、下記のセミナーが開催されますので、ご案内いたします。
本文をクリックしていただきますと、詳細及び申し込み用紙がダウンロードされます。「講師の紹介」と書き添えてお申し込みいただきますと、29,400円の受講料が26,250円に割引となります。

タイトル:プラント機器・設備の損傷機構と 事例および寿命予測・防止対策
講 師: 株式会社ベストマテリア 社長 工学博士 木原重光 氏

■ 日 程: 7 月6日(金) 10:00~17:00 (講義:6時間/休憩:60分)
■ 会 場: オームビル 地下1階 ゼミルーム(東京都千代田区神田錦町3-5-1)
■ 受講料: 1 名29,400[28,000+1,400(税)] 円(税込)

~プログラム~
Ⅰ.壊れないように製造したものがどうして壊れるのか
1.設計、製造における破損因子
2.経年損傷機構
3.経年損傷スクリーニング方法

Ⅱ.重大損傷事例から学ぶ
1.コメット機墜落(疲労)
2.御巣鷹山のジャンボ機墜落(疲労)
3.米ぬか油脱臭缶におけるPCB 混入事故(腐食)(カネミ油症)
4.その他

Ⅲ.損傷を如何に防ぐか
1.寿命予測
2.防止対策

〜講義内容〜
成熟社会となりつつある我が国では、膨大な社会・産業資産としての構造物(設備、機器)の老朽化が進んでいます。安全・安心および国際競争の激化の中で、すべての製造業において必須であるコストダウンの観点から、老朽化した構造物を安全に操業するために、保全関係技術者の重要性が高まっています。構造物の主構成材料である金属材料では、長い歴史の中で構造物の破損原因となる材料の損傷機構はほとんど解明され、寿命予測技術も進歩してきました。本講義は、保全関係技術者に、蓄積された経験と研究成果への理解を深め、構造物の安全な維持に必要な各種手法を習得していただくことを目的としています。